So-net無料ブログ作成
検索選択

生きてゆくのも大変だ [バードウォッチング]

_IMG4428.jpg
いつもの池で、何か蜂の羽音のような音がしていて気になるので、周りを見回してみましたが何もいません。
よく探すと柱の裏で蜂が大物を持ち上げられずに踏ん張っている音でした。
こんな大きなものを捕まえるんですから大したものです。
最後にはヨタヨタと飛びながら草むらに消えて行きました。

_IMG4585.jpg
交尾をしている横で1羽が文句を言っている?
全部幼鳥みたいなのでたまたまこういう構図になったようです。

_IMG4677.jpg
キジバトとドバトが仲良く虫干し、かと思ったんですが、両方キジバトでした。
ずいぶん色が淡いようですが、幼鳥ですかね。

_IMG4915.jpg
今日は池に行くとカワセミが出ていましたが、何か変。
怪我をしている様です。
そういえば昨日ハクセキレイがツミに襲われていた様な。
その前にヒヨドリが水浴びをした直後にカワセミの悲鳴を聞いた様な。
ヒヨドリじゃなくてツミがカワセミを襲ったのかもしれません。
その後カワセミは全く出なくなったのですが、今日の様子を見るといつかの時点でツミに襲われて、九死に一生を得たという感じでした。

_IMG5007.jpg
今日は出てきたら、お腹が空いていたのか盛んに飛び込んでいました。
右の翼と背中のあたりの羽毛がなくて痛々しいのですが、傷はそれほど深くないのかもしれません。

_IMG5075.jpg
ハクセキレイの子が親にエサをねだっています。
親はもうエサをやる気はない様で、何も持っていません。

_IMG5078.jpg
腹を立てた子供が、親に噛み付きました。
お気付きかと思いますが、親のハクセキレイは両足とも指がありません。
以前からMFに来ていましたが、こんな状態でも立派に子を育てた様です。
昨日ツミに襲われたのもこの2羽だったかもしれません。
ツミも見たいですが、顔なじみの小鳥が襲われるのも嫌ですね。


コメント(14) 

コメント 14

ramblin

 いやあ、ハクセキレイ!悲壮なまでの親子愛ですね。
罪作りなツミ、でもこればかりは仕方有りません。
by ramblin (2016-08-05 20:44) 

takapy77

ツミというのは、小さいのにカワセミやセキレイも狙うんですね。
こちらでは、極まれにハヤブサ(幼鳥)を見るくらいで、この時期、
小鳥を狙う猛禽類がいないので、のんびりしてます。
ただ、ガビチョウが目撃されたらしく、そちらの方が気がかりです。
by takapy77 (2016-08-05 21:46) 

Mitch

自分の散歩コースでは、ドバトやたまにはカルガモが何者かに襲われて、息絶えていたり、翼だけになっていたりするところを見ることがあります。
ドバトならともかく、カラスにカルガモはちょっと無理かなとなると、たまに見かけるツミの仕業!?
それにしてもツミだとすると、体格が違うのにやはり猛禽なんだなあと・・・。
by Mitch (2016-08-05 22:36) 

green_blue_sky

いろいろなことがありますね。
これが自然の営みなのでしょうね。
カワセミ、元気に捕獲、早く元気になってほしい。
by green_blue_sky (2016-08-05 23:12) 

doudesyo

おはようございます。いつもナイスとコメントありがとうございます。
ツミを未だに見たことないんですが、野鳥たちにとってはかなり危険なんですね。カワセミ無事に直って元気になるといいですね。^^;
by doudesyo (2016-08-06 09:15) 

まっちゃん

▶ramblin さん
自然傍観主義から言うと襲われるのもまた自然。
なので、カワセミが襲われてもそれを観察するしかないですね。

▶takapy77 さん
猛禽は自分と同じくらいの獲物は狙いますから、ツミの雌ならハトくらいは襲う可能性がありますね。
ガビチョウは今までそちらにはいませんでしたか、こちらでは鳴き声がうるさくて困ります。

▶Mitch さん
ツミにはカルガモ成鳥はは無理そうですね。
カルガモだと、猫とかアライグマに襲われたのかもしれませんね。

▶green_blue_sky さん
カワセミはちょっと生き残れないんじゃ無いかと言う気がします。
健康でも難しいのですから。

by まっちゃん (2016-08-06 09:23) 

まっちゃん

▶doudesyo さん
私もMFでツミとはっきり認識した事が無いんですよね。
この時もちらっとだったので、ツミか、ハイタカか、ホトトギスか、キジバトかなんて言ってました。^^;

by まっちゃん (2016-08-06 09:25) 

yamagara22

スズメの幼鳥は、仕草が可愛いですね。
by yamagara22 (2016-08-06 12:25) 

空楽

ツミは罪作りですね。
(失礼しました)
鳥類の中での生態系でしょうか。
可哀想と思ってしまいますね。
今日も素晴らしい写真ありがとうございました。
空楽(父)
by 空楽 (2016-08-06 16:03) 

queso

雀幼鳥三羽のお写真、ユーモラスで良いですね。
そしてハクセキレイの親鳥はこの足にも関わらず立派に雛を孵し育て上げて
天晴ですね。
by queso (2016-08-07 08:55) 

まっちゃん

▶yamagara22 さん
今年はスズメなど幼鳥への給餌に気をつけていたにもかかわらず、あまり見られませんでした。
ちょっと座って待ちすぎですかね。^^;

▶空楽 さん
ツミを憎んで人を憎まず。
いえいえ、人が一番残酷かな。^^;

▶queso さん
一体指の役割は何だろうと思ってしまいますね。
この精神は見習わなければならないです。
by まっちゃん (2016-08-07 09:15) 

ピックアップ

カワセミは大変ですね、スズメと違ってじっと目立つ場所で魚を
狙っていると猛禽は狙いやすいかもしれません。

by ピックアップ (2016-08-07 14:53) 

pastel24

ハチ好きの方なら、貴重で嬉しい一枚でしょう。
多分、コオロギバチの一種だと思います。
コオロギを狩ることから付いた名前のようです。
キリギリスの仲間も狩りの対象になるようです。
狩った獲物を土中に運び、それに卵を産み付けるようです。
写真、拡大して見ないと分かりませんが、腹端の針から麻酔を
打っているところでしょうか?それとももう打ち終わって一息
ついたところかな? しかし、子孫を残すためとは言え、自分
より大きい昆虫を仕留め運ぶとは凄いですよね。
by pastel24 (2016-08-07 18:26) 

まっちゃん

▶ピックアップ さん
カワセミは猛禽が近くにいると微動だにしなくなりますね。
飛ぶとかえって襲われやすいのかもしれません。

▶pastel24 さん
大きくて飛べないので、一旦高い所に登ってそれから下降しながら飛ぼうと思った様にも見えました。
東屋の柱の上の方に登って行きましたが、結局池の反対側に飛んで行きました。
そんな知恵があるとは思えませんが。^^;

by まっちゃん (2016-08-08 09:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。