So-net無料ブログ作成
検索選択

流れたっていいじゃないか [バードウォッチング]

たまにははっきり、くっきりじゃない写真でも良いかな。
決してこういうものを目指しているわけではありませんが。

_IMG0002.jpg
口から水滴が!

_IMG0191.jpg
背中だけはよく写っている。

_IMG2099.jpg
花火にはなったのだけど。

_IMG5343.jpg
派手な水浴び。

_IMG5577.jpg
水切り、これが完璧に撮れれば卒業なんですが。

_IMG6577.jpg
これは単に水滴が流れただけか。

_IMG6935.jpg
水滴に追いかけられるツバメ。

_IMG7193.jpg
おっと、これはハトでした。

_IMG9827 (1).jpg
なかなか意図した写真は撮れないものですね。


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トウキョウヒメハンミョウ [昆虫]

_IMG9978.jpg
ハンミョウくらい簡単に判別できると思ったんですが、そう簡単でもなさそうですね。
もう少し大きく撮りたかったのですが、鳥撮り用のズームじゃ限界があります。

_IMG9943.jpg
とりあえずトウキョウヒメハンミョウという事に。
撮っている時はニワハンミョウかと思ったんですが。
周りに蟻が転がってます、蟻を食べるんでしょうかね。
蟻が来ると逃げるような気もしますが。

_IMG9953.jpg
たくさんいました。
睨み合って、バトルかと思ったら、

_IMG0030.jpg
後尾かよ。

_IMG0011.jpg
と思ったら、なんなんだよ。

_IMG9966.jpg
近くにはこんなのも居ました、ヒョウタンゴミムシですかね。
懐かしい。

コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エアーQ [バードウォッチング]

_IMG9177.jpg
空中給餌をうまく撮れずにいましたが、レンズを変えたらなんとか撮れました。

_IMG9254.jpg
空中でも頭を突っ込んでますね。

_IMG9259.jpg
どちらかというと親が押され気味。

_IMG9235.jpg
行列を作っても1羽分しか咥えていないでしょう。

_IMG9278.jpg
電線で待っているとなかなか餌がもらえないので、親が近くを飛ぶと先を競って飛び出していきます。

_IMG9686.jpg
やっと午後になって晴れてきて、青空バックで撮れるようになったのですが、今日は予備のSDカードを入れ忘れていました。
おまけに古いデータが消せない状態で残っていて300枚くらいしか撮れず、早めに引き上げてきました。



コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水飲み [バードウォッチング]

ツバメの水飲みを集めてみました。
まあ、NG集と言っても過言では無いですが。^^;

_IMG0036.jpg
ぶれ過ぎ、でも背景はこれくらい流したい。

_IMG0351.jpg
目が出ない。 これではカメラマンとしても芽が出ない。

_IMG1228.jpg
シルエット。 こうなると野鳥写真では無いので私的には引け目を感じます。^^;

_IMG2155.jpg
あっ、こぼれる!

_IMG2019.jpg
覆水盆に返らず。

_IMG7048.jpg
水の軌跡も流れてしまうので、なかなか落とし所が見つからない。

_IMG7428.jpg
流れまくって絵にならない。

_IMG9585 (1).jpg
もう少し高速シャッターが良いかな。
って、結局1/2000秒ですか。
PENTAXは1/4000秒超えると画質が悪くなるし、そんなにISOは上げられないし。


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シオヤアブ [昆虫]

今日は濡れるのを覚悟で出て行って早めに帰ってきましたが、まだ降りませんね。

_IMG8488.jpg
シオヤアブ交尾中。

_IMG9071.jpg
最強のシオヤアブはハナムグリも簡単に捉えてしまいます。
なんたって、自分と同じくらいのスズメバチも捕まえてしまいますからね。

_IMG8973.jpg
ツバメも冠羽が立ってなんか違う雰囲気。

_IMG9109.jpg
今日もツバメが給餌していたので、また数が増えた様ですが、前に出たのはどこか他に行っているのか電線の上はまばらでした。


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水没 [バードウォッチング]

雨降りが続くので過去の写真から。

_IMG6709.jpg
こちら側、背景は綺麗なんですが、コントラストが強くなりすぎ。
曇りの時に撮ろうとするのですが、こちらで待機すると晴れてくるんです。

_IMG6384.jpg
流し撮りですが、水につかった瞬間に速度と高さが変わり、それに振りを合わせなければならないのでなかなかツバメが止まりません。

_IMG6379.jpg
中途半端なシャッター速度は面白くなく、1/2000秒以上か1/250秒以下が良い感じですかね。

_IMG2128.jpg
露出もなかなか難しく、TAV(絞り&シャッター優先)とマニュアルを使い分けています。

_IMG9717.jpg
ここまではカワセミ並に水しぶきが少ないのですが。

_IMG1528.jpg
この辺から盛大になってきます。
まあ、水浴びですからしょうがないのですが。

_IMG2840.jpg
こんな風に、完全に水没してしまう事もあります。
水中で2かきくらいして出てきた事もあり、びっくりしました。


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子は水色 [バードウォッチング]

_IMG8710.jpg
ポール・モーリアじゃありませんが。^^;
ツバメの幼鳥の背中は紺色じゃなくて水色に近い感じですね。

_IMG8152.jpg
首を振って水切り
ちょっと水が飛び散りすぎでなんだかわからなくなってしまいました。

_IMG8089.jpg
水浴び。
幼鳥は失敗も多く、カワセミか!と思わせるほど潜っているのがいました。(写真は撮れず)

_IMG8034.jpg
幼鳥は色彩が薄いので黒バックの方が映えるかな。

_IMG8027.jpg
水飲み。
今日はprominar 350mm F4で撮ってみましたが、マニュアルフォーカスの方が歩留まりがいいような...
ツバメの幼鳥がたくさん出て、今日は電線に20羽以上とまっていました。
しかし、水飲み、水浴びをする時は団体でわっと来て、やるのは1、2羽と言うことが多く、なかなか対象を絞れません。
親子が1列に並んで順番に数十羽が水飲みをしてくれたら、良い写真が撮れるのにな〜^^


コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セッカ [バードウォッチング]

今日はセッカでも撮りにと近くの公園に出かけてきました。
しかし午前中は晴れのつもりが生憎の曇り空。

_IMG7820.jpg
セッカは高いところで囀っているばかりで、セッカ止まりは見せてくれませんでした。

_IMG7868 (1).jpg
そこでちょっと移動してチョウゲンボウを見に。
これは幼鳥の様です。
餌を欲しがって鳴いていましたが、見ている間には親は餌を運んで来ませんでした。

_IMG7885.jpg
こちらは雄の親でしょうかね。

_IMG7967.jpg
近くにチョウゲンボウがいるのにコシアカツバメが泥取りをしていました。
三浦半島でコシアカツバメを見たのはこれで4か所目です。(もっとかも)

私はイネ科の花粉症が有るのですが、試しにMFに生えているハルガヤの様な草の花粉を腕の柔らかいところにこすりつけてみました。
そうしたら、やっぱり、2日経ってもこすりつけた所が赤くなって痒い。
花粉症のチェックになりそうですね。
でもどんな草をこすりつけても痒くなる体質だったりして。
こすりつけたせいで新たなアレルギーが発生する恐れもありますので、真似をしないでくださいね。^^;


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

花火 [バードウォッチング]

_IMG6217.jpg
スズメが枯れ枝か何かを咥えていました。
押さえで数枚撮っておきましたら、枝ではなく何かの生き物みたいですね。
ナナフシかな。

_IMG6658.jpg
コシアカツバメ、ツバメ、コシアキトンボ。

_IMG7132 (1).jpg
今日は花火が良く撮れました。
肝心のツバメはぶれちゃってますが。
しかし、縮小すると色が消えてしまいます。

_IMG7133.jpg
1/2縮小ならどうだ。
やっぱり色が薄くなってしまいます。

_IMG7135.jpg
やはり等倍で見てもらうしかなさそう。
この写真クリックすると拡大します。


コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハラアカマルセイボウ [昆虫]

今日はリンネセイボウをもう少し綺麗に撮れないものかと、SIGMAの70-300mmマクロズームで撮ってきました。
これだと1mくらいまで近づけて、0.5倍で撮る事が出来、この手の昆虫を撮るには都合が良いです。
リンネセイボウかと思ったのですが、よく調べるとハラアカマルセイボウの様です。

_IMG5859.jpg
ただ、ちょっと暗くて解像度が悪い。
すぐ近くでホトトギスが鳴いていましたが、うまく撮れませんでした。

_IMG5871.jpg
セイボウの近くのテーブルおばさんたちで埋まっていたので、ちょっと他で時間をつぶします。
トビが、そんなに濡れて飛べるの?と思うほどしっかり水浴びをしていました。

_IMG5954.jpg
テーブルが空きました。
ハラアカマルセイボウを探すとすぐに出てきました。
こんな穴に何度も出入りしていますが、穴の主は何かわかりません。
このハラアカマルセイボウは7mmくらいだったと思います。

_IMG5908.jpg
オオフタオビドロバチに寄生するようです。
ハラアカマルセイボウより大分大きいこの蜂も同じ穴に出入りしますが、穴の主かどうか。
オオフタオビドロバチではなさそうです。

_IMG5922.jpg
この蜂はハラアカマルセイボウよりさらに小さいですが、何度かハラアカマルセイボウにアタックしていました。

_IMG5976.jpg
なかなか赤い部分をはっきり見せてくれませんが、何とか撮れました。

_IMG5992.jpg
セイボウ(青蜂)と言うより緑赤蜂ですね。

_IMG6040.jpg
近くにこんな蟻がいました。
蟻だと思ったのですが、調べるとムネアカアリバチの様です。
これは雌の様で、雄には翅が有るそうです。
いろんな虫がいるものですね〜

_IMG6069.jpg
さて、ここは展望台です。
遠くを見ると、ん?、米国の沿岸警備隊?
と、思ったら、前にいる小さい船は日本の海上保安庁の船です。
合同演習でもしていたんでしょうかね。

コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。