So-net無料ブログ作成
検索選択

コシアカツバメ [バードウォッチング]

そろそろ何か面白いものでも来ていないかなと思いMFに行ってみました。

_DSC2485.jpg
朝のうちはコシアカツバメがたくさん上空を飛んでいました。
今日は何だか大きく見えて、最初はチョウゲンボウかと思ってしまいました。

_DSC2811.jpg
海岸に出るとコシアカツバメが1羽で磯に降りてきて、何かを突き始めました。
最初は貝殻を食べているのかと思ったのですが、どうやら小石を食べているようです。
ツバメにも砂嚢があるんでしたっけ。

_DSC2938.jpg
コシアカツバメは上空を飛び回っているくせになかなか池には降りてきません。
水浴びするのはめっきり数が減ってしまったツバメのみ。

_DSC2660.jpg
タイワンリスがなぜか木にへばりつきました。
猛禽が近くにいて隠れたのか、それとも匂い付け?

_DSC2865.jpg
久しぶりに海岸でクロサギをみました。
今日はトビが魚を捕るのは見られませんでした。

_DSC2893.jpg
これは何だろう?
セグロカモメですかね。


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

何もいません [バードウォッチング]

今日は瀬上市民の森〜金沢自然公園を歩いてきましたが、何もいませんね〜
鳥の声はしないし、姿も見えません、空も何も飛んでいない状態でした。

_DSC2259.jpg
途中一本の木に何種類かの鳥がいました。
これはコサメビタキでしょうかね。

_DSC2278.jpg
これはサンコウチョウ。
あとはシジュウカラとエナガがいたような。

_DSC2370.jpg
しょうがないのでいつも寄る水場に行きましたが、鳥も来ないし、カメラマンも来ない。
ヤマガラが2度来て水浴びをしていきました。

_DSC2407.jpg
最後の望み、ハスカワをと思ったのですが、カワセミも来ません。
まあでもこの距離を歩けたので、腰の具合も良くなってきたようです。
暑くて鳥も引っ込んでしまっているようで、もう少し早朝に出ないといけないんでしょうけど、早い時間は湿度が高いんですよね。


コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日は上を見ることが多かった [バードウォッチング]

_DSC2222.jpg
やっと見られました。

_DSC1812.jpg
イソシギの幼鳥でしょうかね。

_DSC2111.jpg
ヒヨドリの幼鳥。

_DSC1861.jpg
このトビの行動は、仲が良いんだか悪いんだか。

_DSC2006.jpg
アオサギとキアシシギのツーショットを撮っていると、

_DSC2028.jpg
横の方でトビが何か大物を捕まえました。
どうやら太刀魚の様です。

_DSC2032.jpg
横からちょっかいを出すトビに驚いて獲物を落としてしまいました。
テトラポッドの隙間に落ちてしまった魚は拾えませんでした。

_DSC2116.jpg
サシバ、そろそろ渡りの始まりでしょうかね。


コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台風後 [バードウォッチング]

天候が悪くてなかなか撮影に出られませんでした。
そろそろシギチのシーズンかと思い、海を回ってみましたが、まだ人出が多くて鳥が寄ってこないです。

_DSC1407.jpg
イソシギかなと思ったのですが、よく見たらキアシシギでした。
コンクリートに乗ってしまうと、ちょっと目を離すと見えなくなってしまいますね。

_DSC1446.jpg
遠くの方にオオミズナギドリがいました。
トビやウミネコが混ざっていましたが、他のものは識別できませんでした。

_DSC1501.jpg
コシアカツバメは電線に9羽とまっていましたが、池で待っていても一向に水飲みにやってきません。

_DSC1544.jpg
サンコウチョウ。 メス若かな。
これでMFで私が見た鳥は100種になりました。

_DSC1583.jpg
トビ。 水を浴びるでもなく、水を飲むでもなく。

_DSC1679.jpg
カワセミ。 怪我が回復したにしてはちょっと早すぎかな。
やけに警戒心も強いし、別の幼鳥かも。

_DSC1639.jpg
ツバメは、コシアカツバメよりも数が少ない感じです。
少ないチャンスでもそこそこ撮れるので、AFの性能が良いのかな。

_DSC1685 (1).jpg
茶色いツバメ。
前に見たのと違って頭の辺まで何か違う感じ。


コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

被写体が... [バードウォッチング]

暑い中出かけてもあまり良い被写体に巡り合わないですね。

_DSC0718.jpg
親が捕ったバッタをねだるハクセキレイの子

_DSC0842.jpg
まだ頭のあたりの羽が生えそろっていないヒヨドリの幼鳥

_DSC0805.jpg
ウグイスの幼鳥かな、なんかちょっと変な感じですが。
PENTAXNIKONではだいぶ色付が違うので調整を迷いますね。
D500はK-3と比べるとだいぶ淡白な感じ。
黄色いと批判が有ったせいか逆に黄色味を抑えすぎてしまったみたいです。(RAWでも)

_DSC0853.jpg
コシアカツバメは上空を静かに舞っているだけで下に降りてきません。

_DSC0856.jpg
スズメが飛んでいるところにはなかなかピントが合いませんでしたが、このカメラでは撮れますね。

_DSC1199.jpg
あまり何も居ないので海岸に行ってみましたが、キアシシギがいただけでした。
しばらくこんな日が続くんでしょうかね。


コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

D500 [撮影機材]

P1030303.JPG
レンズを2本下取りに出して、D500+サンヨン+テレコンを手に入れました。
残ったK-3IIボディーはPROMINARに付けて350mm,500mmとして使用しますが、これもそのうちオリンパスのOMDに変えるつもりです。
MAPカメラに下取りのレンズを送ると査定額が提示されましたが、その日にD500の値段が13450円も値下がりしていて、金額は前のままで提示して来ました。
そこでメールで現在の金額にして欲しいと言うと、なんの問題もなく値下げしてくれました。
助かるね〜^^

上が350mm F4.0で下が300mm F4.0です。
ずいぶん大きさが違いますね。
ただサンヨンは本来レンズ口径が75mm有るはずですが、実測値は72mmくらいしか有りません。
prominarの方はしっかり87.5mm有ります。

P1030309.JPG
三脚座はニコン純正は高いので、eBayの中国製を購入しました
2600円で送料がタダ。
どうせレンズにはmade in chinaって書いてあるし、この三脚座はクイックリリースプレートになっています。
勝手にアルカスイス互換と思って購入しましたが、実際はもう少し幅の狭いタイプで、BENROの自由雲台と同じサイズでした。
結果的にはこちらの方が良かったです。
ただ、純正でも同じかもしれませんが、ボディーが重くて尻餅をついてしまいます。
少しひねって設定するとギリギリでバランスが取れて、手持ちでも手のひらで支えやすくなりました。

D500 300mm f4.jpg
D500, NIKKOR 300mm F4 PF ED VR, ISO400, f4.0, 1/4000s, 中央を等倍切り出し(210m遠方の電柱)

ニコンの新サンヨンの実力はどうでしょうか。
PENTAXのDA*300は下取りに出してしまったので比較ができません。

K-3 350mm f4.jpg
K-3II, prominar 350mm, ISO400, f4.0, 1/3000s

若干prominarの方が良いですかね。
これならおそらくDA*300と同等以上でしょう。
今日は湿度も高く、風も強いので遠方の被写体ではあまり良い評価にはならないでしょう。
絞り込んでのチェックでも絞るほど悪くなるような感じで、だいぶブレも入っているようです。
ニコンの300mmはf5.6あたりが最高の解像度で、1.4倍テレコンを入れると少し画質が落ちて、絞れば絞るほど悪くなっていきました。

300mmと350mmにしては大きさに差がありすぎですね。
理由の1つには画像センサーの解像度があります。
K-3の画像センサーは横方向で約1.095倍密度が大きいため等倍画像は大きくなります。
でもそれだけじゃなさそう。
ということでprominarが正しい値だとして、電柱の太さで測ってみたら、NIKONのサンヨンの方は焦点距離が290mmくらいでした。
これを先程のレンズ口径で計算すると、ぴったりF4.0です。^^;

K-3IIを使っていて不満だったのは、
 レリーズタイムラグが大きい(D500=50ms,K-3=96ms)
 シャッター幕速が遅い(高速シャッター時に回折ボケが出る)
 実用的なモードで使うと連写が非常に遅くなる
 AFが迷うし、DA300mmにはリミッターが無いので迷うと時間が長い
 個々のAFセンサー守備範囲が広くて、小さな被写体の背景にピントを持って行かれることが多い
この辺りが新システムでは全部解決したので非常に満足しています。

レリーズタイムラグについて実測してみました。
iPadの1/100秒のストップウォッチをK-3IIとD500で同時にシャッターを押してその差を測ってみました。
右手と左手を入れ替えてそれぞれ10回づつ測った平均を出してみました。
K-3IIが右手の時の平均が52ms、D500が右手の時の平均が67msの時間だけD500の方が早くシャッターが切れていました。
K-3IIの資料がないのですがK-3と同じだとするとD500とのレリーズタイムラグとの差は46msのはずです。(96ms-50ms)
実際には全平均で59.5msの時間差が出ています。
K-3IIのシャッターボタンは半押しから先にクリック感というか、カチッという感じの抵抗があるので、差が大きくなったのでしょう。

面白いのは、同時に押しているつもりでも右手と左手には反応の差があるって事です。
この手の事を考えているのは左脳として、右手の制御をしているのが左脳で、左手の制御をしているのが右脳。
左脳同士の方が連絡が速い?
シャッターボタンが右側にあるために左手には不利な状況ではありますが。^^;

まあ、これで飛び出しへの対応も少しだけ良くなったと思います。
実際には人間の反射が200ms~300msくらいかかっている様なので、大した効果はないかもしれませんが。

話は全然違いますが、自転車も新しくしたため2台の折りたたみ自転車を買い取ってもらいました。
最初予定していた新車は6月に頼んで7月末の納車の予定でしたが、7月末に8月頃になるという通知が。
8月頃って、9月とか10月も有りかよ。
で一旦キャンセルして他の車種に変更しました。
少し安いのに変えましたが、これがセール中で35%引き。
スポーツ車を購入した人ならご存知と思いますが、普通はせいぜい1割引きですよね。
で、前述の買取ですが、捨てるにも金がかかるのでタダでもいいくらいに思っていたのですが、2台で3万円とな!
二つ返事でOKして買い取ってもらいました。

春に腰痛で旅行に行けなかった腹いせに色々つぎ込んでしまいましたが、割とラッキーに事が運びました。^^


コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

試し撮りもできない [撮影機材]

新機材を導入してみましたが、鳥が来なくてなかなか試し撮りも思う様にいきません。

DSC_1116 (1).jpg
カワセミがちょっとだけ出てくれましたが、あまり飛び込んでくれません。
色合いがK-3IIとだいぶ違いますね。
あ、そうそう、導入したのはNIKON D500とNIKKOR 300mmです。

DSC_0829.jpg
AFはそれほど速くないですが、リミッターが有るのと殆ど迷わないのでストレスがありません。
PENTAXでは撮れていないだろうと思うシーンでも、撮れていたりします。
動体予測AFが優秀なんでしょうね。

DSC_0814 (1).jpg
日に2回くらいしか来なかったコシアカツバメの水飲みも綺麗に撮れました。
AFに関してはかなり合う率が高くなったように感じました。

操作性に関しては、慣れもあるのでしょうがPENTAXの方が優秀な気がしますね。
NIKONのメニューは使う側に立っていない感じ。
ユーザーモードの切り替えで撮影環境を一発で変えられないのが痛いです。
まあ、でもこれは慣れるしかありません。

PENTAX 1600 RAW.jpgPENTAX 1600 JPG.jpg
PENTAX K-3II RAW,JPEG

NIKON 1600 RAW.jpgNIKON 1600 JPG.jpg
NIKON D500 RAW,JPEG

気になるISO1600のノイズの乗り方を比べてみました。
K-3(2400万画素)ではISO400以上は使う気がしなくなっていましたが、画素数が少ないD500(2000万画素)はどうでしょうか。
左側がRAWで右側がカメラ内現像のjpegを等倍に切り出したものです。
K-3の方はズームレンズなので解像度は悪くなっています。(DA*300mmは下取りに出したので手元にありません)
また、2台の3脚を使って同時にタイマーで撮影したのですが、K-3側はブレてしまいました。
これで見る限り、RAWでのノイズはK-3と変わらない感じですね。
もう少し良くなっているのを期待したんですが。
ただ、RAWでもJPEGでも1段くらい明るくなっています。
K-3側のズームレンズが数値より多少暗いのかもしれませんが、ISOを1段近く低くできる可能性はあります。
いざとなればJPEGで撮ればかなりノイズは抑えられそうですし、解像度も悪くなさそうです。

K-3II+DFA150-450に比べてD500+300mmF4+テレコンの方が格段に軽いので、腰にも優しそうですね。


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トンボ [いろいろと]

_IMG5513.jpg
MFの池の睡蓮には不思議なものが乗っています。
何でしょう?
実はこれ、犬の毛なんです。
前の毛がまだ水に沈む前にもう次の毛が捨てられています。
誰がやっていくのか知りませんが困ったものです。
この池には、シェパードのリードを離して走らせている人もいて、この前はレンズのフードを舐められてヨドレだらけにされましたが、飼い主は知らんぷりです。

_IMG5511.jpg
犬の毛と違って、鳥の落し物はウラギンシジミなどが喜んで舐めていきます。
シジミチョウがおしっこをして糞を溶かして飲むという話を聞きましたが、この場合は少し違っているかもしれません。
1分くらいのことなので正確にはわかりませんが、乾いているところを舐めているように見えます。
この乾いたところからどうやって吸収しているんでしょうね。

_IMG5647.jpg
コシアカツバメはどうも人間に写真を撮られないように策を練っているように思えてしまいます。
上空をただ舞っている時は鳴いていることが多いですが、水飲みの時は鳴かずに静かにやってきます。
2羽で来る時は先に1羽が囮になって水飲みをするふりをした直後に2羽目が水を飲んで行ったりして撮り逃してしまいます。
この時は最初の1羽を追っていたら、2羽目が反対側からやってきてびっくり。
でも、ピンボケながら撮れていました。

_IMG5531.jpg
カワセミもツバメも出が悪いので、増えてきたトンボを撮ってみました。
やっと止まってくれたオニヤンマ。
でも本当は数日前にいたヤブヤンマの方を撮りたかったんですよね。

ネキトンボ.jpg
ネキトンボでしょうかね。
この辺はあまり識別をしていないので、初めて見たのかどうかはわかりません。


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チュウダイサギ [バードウォッチング]

_IMG5378.jpg
時期的に亜種チュウダイサギでしょうかね。

_IMG5381.jpg
角度が違うのであまり大きさの比較にはなりませんが。
ダイサギにしてもチュウダイサギにしてもMFでは初見なんですよね。
本当はどこかで見ているような気がしますが、写真がなくて。
しかし、これがチュウダイサギだとすると、まだダイサギがMFで未見になってしまいます。^^;

_IMG5425 (1).jpg
コシアカツバメは3羽がMF近辺に残っているようで、たまにやってきますが、最近は鳴かないのでいつ来るかわかりません。
気を抜いているとさっと水飲みをして行ってしまいます。

_IMG4880.jpg
今日はほとんど写真が撮れなかったので在庫から。

_IMG4883.jpg

_IMG4881.jpg
まるで星空の様ですね。

コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生きてゆくのも大変だ [バードウォッチング]

_IMG4428.jpg
いつもの池で、何か蜂の羽音のような音がしていて気になるので、周りを見回してみましたが何もいません。
よく探すと柱の裏で蜂が大物を持ち上げられずに踏ん張っている音でした。
こんな大きなものを捕まえるんですから大したものです。
最後にはヨタヨタと飛びながら草むらに消えて行きました。

_IMG4585.jpg
交尾をしている横で1羽が文句を言っている?
全部幼鳥みたいなのでたまたまこういう構図になったようです。

_IMG4677.jpg
キジバトとドバトが仲良く虫干し、かと思ったんですが、両方キジバトでした。
ずいぶん色が淡いようですが、幼鳥ですかね。

_IMG4915.jpg
今日は池に行くとカワセミが出ていましたが、何か変。
怪我をしている様です。
そういえば昨日ハクセキレイがツミに襲われていた様な。
その前にヒヨドリが水浴びをした直後にカワセミの悲鳴を聞いた様な。
ヒヨドリじゃなくてツミがカワセミを襲ったのかもしれません。
その後カワセミは全く出なくなったのですが、今日の様子を見るといつかの時点でツミに襲われて、九死に一生を得たという感じでした。

_IMG5007.jpg
今日は出てきたら、お腹が空いていたのか盛んに飛び込んでいました。
右の翼と背中のあたりの羽毛がなくて痛々しいのですが、傷はそれほど深くないのかもしれません。

_IMG5075.jpg
ハクセキレイの子が親にエサをねだっています。
親はもうエサをやる気はない様で、何も持っていません。

_IMG5078.jpg
腹を立てた子供が、親に噛み付きました。
お気付きかと思いますが、親のハクセキレイは両足とも指がありません。
以前からMFに来ていましたが、こんな状態でも立派に子を育てた様です。
昨日ツミに襲われたのもこの2羽だったかもしれません。
ツミも見たいですが、顔なじみの小鳥が襲われるのも嫌ですね。


コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。