So-net無料ブログ作成

トンボ [昆虫]

今日のMFはトンボがよく見られました。
_IMG2085.jpg
シオカラトンボ

_IMG1827.jpg
オオシオカラトンボ

_IMG2098.jpg
コシアキトンボ

_IMG2092.jpg
ショウジョウトンボ

_IMG2510.jpg
クロスジギンヤンマ

_IMG1991.jpg
チョウトンボ
飛んでいるせいか、リミッターに引っかかったのか、ピントが合いませんでした。
ツバメ撮りの設定から変える一瞬目を離した隙に見失いました。

_IMG2103.jpg
これはナツアカネでしょうかね。

_IMG2052 (1).jpg
止まってくれないので、詳細な写真は撮れませんでした。

_IMG6100.jpg
これはちょっと前に居たアオモンイトトンボ。
結構種類がいるものですね。


コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シオカラトンボ [昆虫]

_IMG1369.jpg
ツバメがメジロ押し。

_IMG1358.jpg
MFはツバメしかいませんね。

_IMG1399.jpg
コシアカツバメの幼鳥かと思ったんですが、成鳥の様です。
今季はどうしちゃったんだろう。

_IMG1509.jpg
シオカラトンボ、オス同士の交尾かと思ったんですが。

_IMG1502.jpg
雄が産卵?
ちなみに、シオカラトンボは通常雄が水色、メスが黄色(ムギワラトンボ)です。
調べてみると、シオカラトンボのオスの未成熟な場合はムギワラ色なんですね。
更にシオカラ型のメスも居るそうです。


コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トウキョウヒメハンミョウ [昆虫]

_IMG9978.jpg
ハンミョウくらい簡単に判別できると思ったんですが、そう簡単でもなさそうですね。
もう少し大きく撮りたかったのですが、鳥撮り用のズームじゃ限界があります。

_IMG9943.jpg
とりあえずトウキョウヒメハンミョウという事に。
撮っている時はニワハンミョウかと思ったんですが。
周りに蟻が転がってます、蟻を食べるんでしょうかね。
蟻が来ると逃げるような気もしますが。

_IMG9953.jpg
たくさんいました。
睨み合って、バトルかと思ったら、

_IMG0030.jpg
後尾かよ。

_IMG0011.jpg
と思ったら、なんなんだよ。

_IMG9966.jpg
近くにはこんなのも居ました、ヒョウタンゴミムシですかね。
懐かしい。

コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シオヤアブ [昆虫]

今日は濡れるのを覚悟で出て行って早めに帰ってきましたが、まだ降りませんね。

_IMG8488.jpg
シオヤアブ交尾中。

_IMG9071.jpg
最強のシオヤアブはハナムグリも簡単に捉えてしまいます。
なんたって、自分と同じくらいのスズメバチも捕まえてしまいますからね。

_IMG8973.jpg
ツバメも冠羽が立ってなんか違う雰囲気。

_IMG9109.jpg
今日もツバメが給餌していたので、また数が増えた様ですが、前に出たのはどこか他に行っているのか電線の上はまばらでした。


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハラアカマルセイボウ [昆虫]

今日はリンネセイボウをもう少し綺麗に撮れないものかと、SIGMAの70-300mmマクロズームで撮ってきました。
これだと1mくらいまで近づけて、0.5倍で撮る事が出来、この手の昆虫を撮るには都合が良いです。
リンネセイボウかと思ったのですが、よく調べるとハラアカマルセイボウの様です。

_IMG5859.jpg
ただ、ちょっと暗くて解像度が悪い。
すぐ近くでホトトギスが鳴いていましたが、うまく撮れませんでした。

_IMG5871.jpg
セイボウの近くのテーブルがおばさんたちで埋まっていたので、ちょっと他で時間をつぶします。
トビが、そんなに濡れて飛べるの?と思うほどしっかり水浴びをしていました。

_IMG5954.jpg
テーブルが空きました。
ハラアカマルセイボウを探すとすぐに出てきました。
こんな穴に何度も出入りしていますが、穴の主は何かわかりません。
このハラアカマルセイボウは7mmくらいだったと思います。

_IMG5908.jpg
オオフタオビドロバチに寄生するようです。
ハラアカマルセイボウより大分大きいこの蜂も同じ穴に出入りしますが、穴の主かどうか。
オオフタオビドロバチではなさそうです。

_IMG5922.jpg
この蜂はハラアカマルセイボウよりさらに小さいですが、何度かハラアカマルセイボウにアタックしていました。

_IMG5976.jpg
なかなか赤い部分をはっきり見せてくれませんが、何とか撮れました。

_IMG5992.jpg
セイボウ(青蜂)と言うより緑赤蜂ですね。

_IMG6040.jpg
近くにこんな蟻がいました。
蟻だと思ったのですが、調べるとムネアカアリバチの様です。
これは雌の様で、雄には翅が有るそうです。
いろんな虫がいるものですね〜

_IMG6069.jpg
さて、ここは展望台です。
遠くを見ると、ん?、米国の沿岸警備隊?
と、思ったら、前にいる小さい船は日本の海上保安庁の船です。
合同演習でもしていたんでしょうかね。

コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ムシ、ムシ [昆虫]

関東地方も梅雨入りして蒸し蒸しした日が多くなってきましたね。
と言う事で、虫を撮ってみました。
って、6月4日にやれよって話ですが。^^;

_IMG3808.jpg
クズノチビタマムシ、オパールの様な輝きがある様に見えました。
300mm単焦点なのでこれ以上大きく撮れません。

_IMG5203.jpg
マクロレンズを持って行って撮ると、オパールはなくなり、窪みがあるのと毛が生えている様な感じ。
もうちょっと細かく見てみたいですね〜、しかしゴマ粒くらいで近づくと飛んでしまうし、すぐに葉陰に入ろうとするし、なかなか難しいです。

_IMG2765.jpg
ラミーカミキリ。
下の黒斑にも水玉が有るのは珍しくないですか?

_IMG5145.jpg
こちらは地味ですが、多分ヒメヒゲナガカミキリだと思います。

_IMG5157.jpg
今年はベニシジミも少ないですね。
マクロレンズで近づいても逃げないで撮らせてくれました。

_IMG5279.jpg
クロウリハムシかな。

_IMG4585.jpg
シオカラトンボのことをよくムギワラトンボと言い間違えるので、なぜかなと思っていたら、これをムギワラトンボと呼ぶんですね。

_IMG3972.jpg
コシアキトンボ、両方オスだと思うのですが、仲良く飛んでました。

_IMG2559.jpg
クロスジギンヤンマがコメツキムシみたいな虫を食べていました。

_IMG5078.jpg
去年1度だけ見られた(多分)リンネセイボウ。
昨日は何度も見られましたが、休日は人が多くて撮りにくい。
今度じっくりと、できればマクロレンズで撮ってみます。


コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 [昆虫]

昨日は杉、檜林に入ってしまったので、今日は花粉症がひどいです。
天気も悪いし、1日じっとしてましょうかね。
MFに入ったオオルリも気になるところですが...

_IMG6496.jpg
昨日撮った蝶です。
あまり真剣に撮ってないのでたいした写真じゃないですが。
地面で羽を広げていたルリタテハ。
あまり、撮った記憶がないんですよね。

_IMG6509.jpg
沢の遥か下の方に止まったツマキチョウ。
これも撮った記憶がありません。

_IMG6550.jpg
スジグロ蝶かな、これも撮った記憶があまりない。

_IMG6532.jpg
ジャコウアゲハかな。
これは撮った記憶があります。
どうやら普段は大きな蝶しか追いかけてないようですね。
蝶もあまり近づけないので現実的には鳥撮り用のレンズで良いのですが、大きなズームレンズで小さな虫を撮る気になれないんですよね。^^;

コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トンボの成る草 [昆虫]

_IMG4726.jpg
一本の草にシオカラトンボ、オオシオカラトンボが6匹も止まっていました。
交尾をしている者も。
普通なら追い払ってしまうのですが、どうしてでしょうね。
近くの他の草にはせいぜい2匹くらいしか止まっていません。

_IMG4775.jpg
こちらの角度の方が見やすいと気がついた後には、最大4匹しか止まりませんでした。
他人の背中に止まろうとするやつも、さすがにこの後振り払われましたが。

_IMG4785.jpg
このレンズ(DFA150-450)でマクロ的に撮るのは難しい。
3m位には止まるのですが、最短撮影距離の2mに近づこうとすると逃げてしまいます。
2mに来るのを待ってもなかなか来ません。
複眼が写るかと思いましたが、それは無理でした。
おそらく最短距離に近づいてもローパスを入れてやらないとラーメンドンブリ模様が出てしまいそうです。

DFA150-450は、使い始めは何かもわーっとして、ハイライトの周りにハロが出る感じであまり良いレンズでは無いと言う印象でしたが、単焦点と比べてはいけないのかもしれませんね。
解像度のテストをしてみるとDA300mやprominarと変わりないくらい解像しているし、1段絞ればハロも無くなる感じです。
重さにも慣れてきたし、渡りの鳥が来るのが待ち遠しいです。


nice!(17)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トンボ [昆虫]

MFにツバメは来ない、カワセミも来ない。
暑くて他の鳥を探して歩く気にもなれない、と言う事で仕方なくトンボを撮ってみました。

_IMG3177.jpg
ギンヤンマの産卵。

_IMG3014.jpg
ギンヤンマのホバリング。(小松が池にて)

_IMG5797.jpg
コシアキトンボの雄。

_IMG2764.jpg
コシアキトンボの雌。(だと思う、小松が池にて)

_IMG4804.jpg
少し前にMFで撮ったアオモンイトトンボ。

_IMG3246.jpg
ショウジョウトンボ。
交尾拒否じゃなくて熱い日差しを避けるため?

_IMG3214.jpg
シオカラトンボの交尾。

_IMG3297.jpg
上がオオシオカラトンボで下がシオカラトンボかな。

_IMG3304.jpg
オオシオカラトンボの羽が綺麗に輝いていたので撮ろうと思いましたが、キラキラと光るのは動画でないとなかなか出ないですね。

しかし、あんなに沢山いたツバメたちはどこに行ってしまったんでしょう。
昨日はたまに来ても飛翔が速すぎてなかなか撮れませんでした。
カワセミも、他に餌を捕る所が有るのか、ここ数日は池に来ていない様です。
暑さにも体が慣れてきたので、少し遠出をしようかな。


nice!(24)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

虫たち [昆虫]

在庫から。

_IMG6061.jpg
タマムシは年に1度くらいは見ますね。

_IMG8349.jpg
落ちていた羽を拡大してみました。

_IMG6914.jpg
クロバネセイボウ。

_IMG6648.jpg
ピンボケの方がかえって綺麗ですかね。

IMGP0624.jpg
ネジバナに蜘蛛。

_IMG2596.jpg
ネジバナにモンシロチョウ。
気が付かれましたでしょうか、ネジバナの捻じれが逆になってますね。


nice!(21)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セイボウ(青蜂) [昆虫]

朝、薄日が差して道が乾いていたのでいつもの池に行ってきました。
天気が悪いのでツバメは出ないかと思いましたが、そこそこ出ていました。
巣立ちしたツバメの雛が6羽親に餌をせがんでいましたし、コシアカツバメも4羽くらいまた新たに巣立ちした感じです。
ムクドリの大群も現れ、けっこう賑やかでした。
雨が降ったり止んだりで、今日はあまり長居をしないほうが良さそうと思い帰りかけましたが、以前に教えてもらったセイボウの巣らしき所に何匹も見られたので、雨の中マクロレンズを取り出し撮影する事になりました。

_IMG5492.jpg
左のスズメの頭にセイボウが止まっています。

_IMG5572.jpg
これはクロバネセイボウかな。

_IMG5589.jpg
これもクロバネセイボウっぽい。

_IMG5557.jpg
光の当たり方にも寄るのでしょうが、明らかに青っぽいのと緑っぽいのと2種類居たような気がするのですが、帰って見てみるとそれほど色の違いが出ません。

_IMG5525.jpg
あれっ、もっと小さくて尻の赤いのが居ます。

_IMG5534.jpg
ハラアカマルセイボウでしょうか、他にも似たのがいるので特定には至りません。
あまりよく撮れていない気はしましたが、雨が降ってくるので早めに切り上げて帰りました。
今度晴れたらもう少し特徴を捉えて撮らなくては。

それにしても、2種か3種のセイボウが何故このスズメのお宿に共生してるんでしょう。
不思議です。


nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

虫たち [昆虫]

 梅雨空は ファインダーより Finder

雨が降り続くとファインダーを覗く機会が減ってしまい、Mac の Finder で在庫ファイルを探す事が多くなります。
そんな訳で、在庫の写真から。

_IMG1987.jpg

IMGP1165.jpg

IMGP1148.jpg

_IMG4229.jpg
交尾の季節ですかね。

IMGP1159.jpg
子供カマキリ。
上方の羽虫を狙っていましたが、逃げられました。

_IMG4102.jpg
葉の裏にヤゴが!
トンボの羽化が見られるかと思ったのですが、既に抜け殻でした。
夜に懐中電灯を持って訪れないとダメですかね。


nice!(23)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アリグモ [昆虫]

以前アリグモの話をしたとき、「どこにでも居るものですか」と言う質問に対して比較的普通に見られるという様な返答をしたかと思いますが、どこにでも居ると言う答えに変わりました。

_IMG4821.jpg
と、言うのも昨日家の中で見つけたからです。
その他にもベランダで見つけた事が2度有り、思っているより身近にいる様です。
今ままで見つけたアリグモの写真を全て引っ張り出してみました。

1008?.jpg
2010年8月、ベランダで見つけました。
大きさは普通のアリグモの半分くらいで、WEBで調べても種類がよくわかりません。

1108ヤサアリグモ雌?.jpg
2011年8月、ベランダで見つけました。
ヤサアリグモの雌ではないかと思います。
動きが速いので、プラケースに入れて撮影しようと思っていたら糸で巣を作りました。

1109タイリクアリグモ雌幼体?.jpg
2011年9月、大楠山。
タイリクアリグモに似ているような。

1406アリグモ雄.jpg
2014年6月、観音崎。
アリグモの雄。

1407アリグモ雌.jpg
2014年7月、田浦。
アリグモの雌。

1504アリグモ雌.jpg
2015年4月、観音崎。
アリグモの雌。

1205アリグモ雄.jpg
2015年5月、観音崎。
アリグモの雄。

1506-2ヤサアリグモ雄.jpg
2015年6月、観音崎。
ヤサアリグモの雄。

1506アリグモ雌?.jpg
2015年6月、観音崎。
アリグモの雌?

1507アリグモ雌?.jpg
2015年6月、家の中。
アリグモの雌?

昨日は、家の中にアリが居る!と思って、つまんで外に出そうとしましたが、素早くて捕まりません。
動きもなんだかアリと違います。
アリは真っ直ぐに逃走しますが、アリグモはさっと逃げた後、こちらを向きます。
慌ててカメラをマクロレンズに変えて撮影しました。
少し目が悪くなったせいもあり、雌は肉眼ではアリかアリグモか判別できません。
しかし、羽も無いのにマンションの7階に現れるとは、本当にどこにでもいる感じですね。
もっとも、昨日は風が強かったので、風に乗ってきたのかも。


nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蝶、蜻蛉 [昆虫]

ツバメの巣立ちは気になるものの、今日はちょっと違うところに行ってきました。
巣立ちと言っても、飛び立つところの写真には特に興味もないし。

_IMG9701.jpg
ニホンカワトンボかな。
紫陽花があちこちで咲き始めていますね。

_IMG9708.jpg
ヒカゲチョウかな。
日陰じゃなく比較的明るいところにいたので綺麗に撮れました。

_IMG9796.jpg
ヤマトシジミかな、かな、カナ、カナ...はまだ鳴いていません。

_IMG9812.jpg
アカシジミ。
羽を開くとオレンジ色みたいな感じでしたが、開いて止まってくれません。

_IMG9758.jpg
ウラナミアカシジミ。
アカシジミと同じところに居るので雌雄なのかと思っていました。
孵ったばかりなのか、天候のせいなのか、あまり逃げようともせず近くで撮らせてくれました。

_IMG9726.jpg
他にも蝶、トンボ、蛾等色々出ていますが、近くに止まってくれるのを待つ気力も無くて適当な写真になってしまいました。
本来の目的は鳥でしたが、ヤマガラがチラッと出てくれたくらいで、面白い写真は撮れません。
夕方からは雨の予報なので、早めに切り上げて帰ってきました。

昨日は7D markII,100-400mmをちょっと使わせていただきましたが、やはり速いですね〜
pentaxだとシャッターを押しても撮れる映像はその随分後のシーンという感じですが、7Dは押した直後の映像が撮れている感じ。
動き物にピントを完璧に合わせるにはそれなりに熟練は必要そうですが、機械としての性能は雲泥の差かな〜
キャッシュバックキャンペーンも始まりましたが、その金額分位値上がりしちゃっているし、どうなってるんでしょうね、買い時がわかりません。


nice!(16)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

柵の虫 [昆虫]

いつもMFでお会いするkaze-yuraさんは公園の防護柵でいろんな虫を発見されているんですが、どうも私が見ると何も居ない感じ。
それでいつもと違う道を歩いてみました。
そうしたら今度はいろんな虫に出会いました、ちょっと違った道を歩くだけでずいぶん出方が違うものですね。

_IMG8119.jpg
ナナフシの子供

_IMG8140.jpg
ハムシかな?

_IMG8143.jpg
これもハムシか

_IMG8156.jpg
だんだんわからなくなってきた

_IMG8177.jpg
テントウムシが足の下を通ったのに無視した蜘蛛

_IMG8195.jpg
ゾウムシかな

_IMG8216.jpg
テントウムシ

_IMG8232.jpg
アリとトラカミキリの仲間?

_IMG8239.jpg
これもカミキリムシの仲間?

_IMG8247.jpg
何だろう

_IMG8264.jpg
アリグモ

もう殆ど何の仲間かもわからない状態ですが、いろんな虫がいました。
天気が悪いため絞れず、シャッター速度も上げられないうえ雨にも急かされたため、ただ撮っただけになってしまいましたが、もうちょっとしっかり撮りたかった。


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

捕食 [昆虫]

_IMG8457.jpg
何十年ぶりかに見たセアカゴミムシ。(珍しい訳では無く、見る機会が無かっただけですが)
地面の中の何かの幼虫を捕食しようとしていますが、周りにうるさいヤツが。

_IMG8468.jpg
あれあれ、今度はセアカゴミムシが捕食されかねない立場に。

_IMG8812.jpg
チョウゲンボウがカマキリを捕食しています。
なかなかカマキリを捕らえるシーンは撮れません、目の前でやってくれないかな〜

_IMG8691.jpg
ジガバチが自分より重い獲物を運んでいました。
道を越え、芝生を越えて何処にかに向かっています。

_IMG8697.jpg
気が付かないうちにあっという間に穴を掘ってしまいました。
多分、穴は予め掘ってあって、蓋をして有ったんでしょう。

_IMG8700.jpg
芋虫を穴の中に引きずり込みます。

_IMG8725.jpg
周りに有った手頃な石で穴を塞ぎます。

_IMG8761.jpg
最後は猫のトイレの後の様に砂をかけて出来上がり。

_IMG8777.jpg
もう穴が何処だったのか判りません。
昆虫も観察してみるといろいろ面白い事をやってくれますね。


nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なんだろな [昆虫]

_IMG4291.jpg
蜘蛛の巣(卵)なんでしょうかね。
立方体に近い形なんですが、うまいこと作るものです。

_IMG4664.jpg
ゴミを背負っているのか、そう言う形なのか良くわかりません。
下の方に顎の様なものが見えます。

_IMG4697.jpg
イチモンジセセリの複眼のアップ。
もう少し近付けると良いのですが、風に揺れるし、体は揺れるし、ピントが合いません。
距離によってはラーメンドンブリ模様が出てしまいます。

_IMG4760.jpg
オオオサムシと思って撮ったのですが、マヤサンオサムシかも。

_IMG4421.jpg
顔は馬面、尾はサソリ、何でしょうね。
本州にはサソリは居ないし、大きさも小さいのでサソリの真似では無いでしょうけど。


nice!(23)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 [昆虫]

やっと少しマシな天気になりそうだし、今日はまた雨の予報だったので昨日はMFに出かけてみました。
しばらくぐずついた天気が続いたせいか、花壇の花に沢山の昆虫がやって来ていました。
その中で蜂の仲間だけ見てみる事にします。
風が少しあって花が揺れていたので撮影に集中力を欠きただ撮っただけの様な写真になってしまいましたが、お付き合いください。

_IMG1739.jpg
蜂の仲間も沢山いて名前は殆ど判らないので写真の羅列になってしまいます。

_IMG1763.jpg
これは大きな蜂。
広角マクロで撮っていて、ファインダーでそれなりに大きく撮れたと思って実視界を見ると、デカッ!
すぐそこに居たりします。

_IMG1783.jpg
これはミツバチかな。

_IMG1888.jpg
青い蜂と赤い蜂。

_IMG1904.jpg
多分これも蜂。

_IMG1930.jpg
腰のくびれた蜂。

_IMG1910.jpg
「虻蜂取らず」とは二兎追うものは一兎も得ず的な意味ですが、この場合は「虻が蜂を捕る」

_IMG1939.jpg
黄色い縞の蜂は多いですね。

_IMG1961.jpg
似た様な種類が多くて、何の仲間かさえも判りません。

_IMG1971.jpg
大きさもいろいろ。

_IMG1996.jpg
これはかなり小さい。
ちょっと見ただけでこのくらいの種類が居ると言う事は、蜂全体ではかなりの種類が居そうですね。

_IMG2056.jpg
帰り道、百日紅の横を通るとチー、セミの声の聞き違いかとも思ったのですが、居ました。
だいぶ若い雄の様です。
日曜で人も多く、騒がれるのも嫌だったし、居着いて欲しかったので証拠写真だけ撮って帰って来ました。


nice!(28)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

不気味なやつ [昆虫]

本日は虫が苦手な方は見ないで下さい。
niceも要りませんのですぐにページを閉じて![がく~(落胆した顔)]

逆に昆虫好きな方はこういうの大好きなのかもしれません。
















_IMG1034.jpg
ヤマガラが来ていると言うので田浦の梅林に行ってきました。
ヤマガラの写真は後日紹介するとして、上の写真のベンチに寝転がってハクウンボクにやって来るヤマガラを眺めていると妙なものが。

_IMG1310.jpg
枯れ葉かなと思ったんですが、木の実の様にも見えるし。

_IMG1311.jpg
ちょっと横から見ると、んっ?何か変、立体的です。

_IMG1312.jpg
更に回り込むと、あれっ!芋虫じゃ有りませんか。
こちらが見ている角度が判っていて葉っぱに見える面を向けていたんでしょうか。

_IMG1405.jpg
更に見ていると、何か蜘蛛の様なものを補食している様です。
獰猛な肉食の芋虫なんでしょうか。

_IMG1409.jpg
もう少し見ていると、蜘蛛の様に見えたのは芋虫の頭だった様です。
え〜、そんな事が有るのか、芋虫に成虫の様な細い足が生えてるなんて。

_IMG1418.jpg
う〜ん、何とも不気味なヤツだ。

_IMG1487.jpg
一体これは何なんだろう。

_IMG1484.jpg
獰猛な肉食昆虫かと思ったら、葉っぱを食べてます、ひょっとしたらいいヤツなのか。
以前誰かのblogかテレビでだったか見た様な記憶がかすかに有りますが、なんだったか思い出せません。
昆虫に詳しい方、これは一体何なんでしょう?
これの状態から成虫になるまでにどのくらいかかるんでしょうね、もう一度見に行ってみたいと思います。


nice!(20)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウスバキトンボ [昆虫]

台風が過ぎた11日海岸に行ってみましたが、何も居ませんね〜
海岸線を少し走るつもりでいましたが、暑くて風も強いので結局いつもの池で1日過ごしました。

_IMG8630.jpg
ウスバキトンボでしょうか、付近一帯に大量のトンボが舞っていました。

_IMG7621.jpg
トンボを見ていると時々水面に着く様な動作をする事が有ります。
このトンボは特に頻繁にやるので何をしているのか狙ってみましたが、写真に撮るのは難しいですね。
1000枚以上撮ってもこの程度の写真しか撮れませんでした。

_IMG8378.jpg
最初は何か虫でも捕っているのかと思いましたが、何かを掴んでいる様子も無く、水飲みか水浴びの様な気がしました。
産卵はこんな感じなので産卵では無い様な気がします。

_IMG7626.jpg
たまに失敗して水面から飛び上がれなくなる事が有ります。

_IMG7789.jpg
そうすると、亀がよって来てパクッ!

_IMG7677.jpg
こんなシーンを期待していつも待ってますが、なかなか出会わないのは亀に食べられてしまうからなんでしょうね。


nice!(25)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

またアリグモ [昆虫]

だんだん同じタイトルでループする様になって来ました。

_IMG5134.jpg
ヤマガラの様子を見に行って来ました。
エゴノキ、ハクウンボクは実を沢山着けていましたが未だ種が熟していないのかヤマガラは居ませんでした。
ふとテーブルを見るとアリが。
払おうとしたら変な動きをしました、もしやこれはアリグモでは?
しかし300mmで最短合焦距離を写そうとすると被写界深度が浅いですね、写すのに苦労しました。

_IMG5128.jpg
やはり雌のアリグモでした。

_IMG8817.jpg
前回紹介した雄のアリグモはこちらです。
雄には大顎が有りますが、雌は顎が小さいのでより蟻に似ています。
この雌雄は同じ種類かどうかはちょっと判りません。

_IMG5146.jpg
正面顔はこんなで単眼が何個か付いています。

_IMG5222.jpg
こちらは本物の蟻。
こんなてかてかした種類は初めて見ました。
蟻にも色々種類が有る様ですね。


nice!(24)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

虫たち [昆虫]

暑くて湿度が高いので過度の運動は熱中症になりかねません。
過去熱中症になりかけた時は2度とも山の中で水が無くなってしまった時だったので、コンビニが有る様な場所でうろつく分には大丈夫なんでしょうが、体が慣れるまで少し自粛しましょうかね。
そんな訳で今日は溜まってしまった虫の写真を。

_IGP0066.jpg
MFの池で:アオモンイトトンボが交尾中。
MFの池ではしばらくイトトンボを見ていませんでしたが、また現れました。

_IMG1943.jpg
MFの池で:シオカラトンボはいつでも居ますが、面白い顔だったので。

_IMG5978.jpg
MFの池で:アキアカネじゃないのかな、名前を聞いた様な気もしますが...

_IMG1954.jpg
MFの池で:ムラサキツバメですかね、この時期はずいぶん大きいんですね。

_IMG7500.jpg
MFの池で:ヒメアカタテハ

_IMG7532.jpg
MFの池で:オオトモエ、暗がりに入ってしまったのでストロボを使いました。

_IMG7514.jpg
MFの池で:ヒラタアブと言ってもいろいろいるんですね。

_IMG6652.jpg
くりはま花の国で:シャクトリムシみたいな幼虫が繭の上に。
どういう関係なんでしょう。

_IMG6633.jpg
くりはま花の国で:オオニジュウヤホシテントウ。
粉を吹いているのかと思ったら、毛が生えてるんですね。

_IMG6592.jpg
くりはま花の国で:ミドリセイボウ?
なかなか名前を決定する決め手のところの写真が撮れません。

_IMG8567.jpg
MFの池で:キゴシジガバチかな?

_IMG8775.jpg
MFの池で:ヤマトルリジガバチ、サギが落として行ったものを剥がして運んで行きました。

虫達は忙しく動き回っているのでなかなかうまく撮る事が出来ません。
また、日向でじっくりと待ち受けているのも辛く、片手間に撮る事が増えてしまいました。
テーマを決めて追い続ければ面白いんでしょうけどね。


nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一旦虫を挟んで [昆虫]

ツバメが続いたので、一旦虫を挟みます。

_IMG0183.jpg
黄色い小さなてんとう虫、キイロテントウ。
蟻にピントが行ってしまいましたが、大きさが判ります。
以下の虫達の名前は殆どpastel24さんから仕入れたものです、わざわざ調べて頂いた事も、有り難うございます。

_IMG1314.jpg
もっと奇麗に撮りたいのですが、目線より上の葉裏でなかなかピントを合わせられません。

_IMG1277.jpg
これが幼虫で、なんだか作り物みたいな感じですね。

_IMG1335.jpg
ネジバナを撮っていたら偶然映り込んで来たヒラタアブ。

_IMG5313.jpg
アゲハ、ぼろぼろの雄が奇麗な雌を追いかけているのでしょうか。

_IMG5341.jpg
モンキアゲハ、だんだん紋が黄色くなるので付いた名前らしいですが、あまり紋の黄色いのは見た事が無い気がします。

_IMG1883.jpg
カラスアゲハ、この青が最大限に輝いた時を撮りたいのですが、なかなかうまくいきません。

_IMG2475.jpg
ナガサキアゲハ、クリックすると大きな画像が表示されます。(奇麗な個体だったので)

_IMG5001.jpg
ショウジョウトンボ、羽の影が岩に落ちて化石の様に見えました。

_IMG9466.jpg
キボシカミキリ、ゴマダラカミキリより小さいですが、こちらの方が奇麗な感じ。

_IMG2438.jpg
ラミーカミキリも居ますよ。

_IMG2419.jpg
ハンゲショウの花を食べていた、フタオビミドリトラカミキリ。

_IMG2420.jpg
pastel24さんによるとムネアカクロハナカミキリだそうですが、ひょとしたらちがう虫を撮ったかもしれません。

_IMG5137.jpg
イラガイツツバセイボウかな?
セイボウの仲間も沢山居てなかなか名前が解りませんね。
暗い所でちょこまか動くのでなかなか撮れません、暗いのはストロボを使って何とかなりますが、小さくてピントを合わせるのが大変。
セイボウとは変わった名前だなと思っていましたが、青蜂と書くんですね、全く気がつきませんでした。
と言う事で、蜂の仲間の様ですが自然物(花等)に居るのを撮ってみたいです。


nice!(29)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三浦アルプス&アリグモ [昆虫]

三浦アルプスを歩いて来ました、と言っても3時間くらいの行程なんですが。
田浦郵便局から田浦の梅林に上がり、横横道路の上を通って乳頭山へ。
少し尾根を歩いて沢を下り、森戸川に出て川沿いの道を歩き長柄交差点経由で新逗子駅まで歩きました。
鳥見が目的なので実際には5時間くらいかけて歩きました。

自分で行っておいて言うのも変ですが、このコースは台風や大雪の影響で道が崩れており、危険なので絶対にお勧めしません。

途中サンコウチョウの巣が2カ所程有り、大勢のカメラマンが取り囲んでいましたのですが、最初に作った巣は放棄したと言う話を聞いたので、巣の場所には長居はせず通り過ぎました。
そのような訳で、ろくな写真も無いので前の日に撮ったアリグモの写真でも。

_IMG8794.jpg
アリグモの雄発見!と言う訳で早速マクロで撮影しました。
絞らないといけないのでシャッター速度は1/30秒位になってしまいます。
足がぶれて何本にも見えてしまいますね。

_IMG8817.jpg
この日は雄のアリグモしか見つかりませんでした。
雌の方が大顎が無く(小さく)、より蟻に似ていていいんですけどね。

_IMG8666.jpg
蜘蛛なので目は単眼が数個、足は8本です。

_IMG8667.jpg
一番前の足は触覚の様になっていて上げて歩くので蟻そっくりに見えます。
蟻を補食するのかと思ったらむしろ蟻から逃げている様に見えました。
また、ハエトリグモ科と言う事で、ハエトリグモの様にピョンと飛び跳ねる事が出来ます。
一瞬で葉から葉へ飛び移るので見失う事も有りました。

_IMG8783.jpg
アリグモを撮影しているとドブンと大きな音が。
何かと思ってその方向を見てみたら、猫がずぶぬれになっていました。
小鳥でも追いかけて池に落ちたんでしょうかね。
暑いからって水浴びする訳は無いし。

_IMG8786.jpg
アリグモは蜘蛛なので糸も出せるんだぞ、と言う写真を撮りたかったんですが、ピントは合わない、ぶれる、これはかなり難しい作業でした。

_IMG8675.jpg
虫が苦手な方には、お口直しを。
アジサイの真ん中の玉は何でしょうかね。

_IMG8680.jpg
と思ったら、花の蕾だったんですね。
と言う事は周りの赤い所は萼か葉なんですかね。
植物は難しい〜


nice!(27)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マクロ撮影 [昆虫]

_IMG8133 (1).jpg
pastel24さんに教えて頂いたクズノチビタマムシ、なんとかもう少し奇麗に撮れないかと思い再チャレンジして来ました。
しかし、この2、3ミリの昆虫を初めて見た時はとても玉虫とは思えませんでした。
クズ、チビってどんな虫だよって感じですが、クズは植物の葛でした。
葛の葉を食べる様で、葛の葉が有ったら良く見ると居るかもしれません。

なんとか頭の金糸の様な部分を撮る事が出来ましたが、立って、または中腰でのマクロ撮影は難しいですね。
被写界深度もそうとう浅くなり、F8.0で撮って来たのですが充分では有りませんでした。
このレンズは焦点距離が100mmですから、センサー面からは400mmの距離に被写体が来る事になりますが、1枚レンズでは無いのでそう単純ではありません。
実際には最短撮影距離は303mmになっています。
と言う事は最短撮影距離では焦点距離は100mmではなく75mmって事じゃないかな。

F16くらいでやっと虫全体が被写界深度に入りますので、この虫に等倍でピントを合わせると言う事は、虫の厚さ程もカメラを前後に揺らせないと言う事になります。
三脚で撮影出来る様な状態ではないし、マクロ撮影も大変な作業ですね。

_IMG8085.jpg
ワーオ! 色っぽい虫瘤ですね。
堅い話だったので、柔らかい話題を。

_IMG8095.jpg
少し離れるとこんな感じ。

_IMG8169.jpg
蝶はなかなか止まってくれず、止まるのを待っても居られず、こんな写真しか撮れません。
鱗粉バッチリのをマクロで撮りたいんですけどね〜

_IMG8504.jpg
カワトンボのハートが撮れました。

_IMG7358.jpg
全然関係ないけど、あまり人が居ない様な場所に居た猫。
暗くて、一瞬タヌキかと思いました。



nice!(29)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

川底の花 [昆虫]

_IMG7254.jpg
川底に花が咲いていました。
何の花?

_IMG7291.jpg
アメンボの花でした。
足が水をはじいて水面に浮かんでいる訳ですが、体重で水面が少し沈んで凹レンズの様になっています。
水面を通った光は拡散され、足がはじいた水の部分は影で黒くなってしまいます。

_IMG6100.jpg
クロイトトンボ:
近くの池では良くアオモンイトトンボを見ますが、MFでは初めて見るイトトンボです。

_IMG6240.jpg
クロスジギンヤンマ:
MFではいつもはギンヤンマが多いのに今年は何故かクロスジギンヤンマばかりです。
ギンヤンマとクロスジギンヤンマでは居る場所が違うと言う記述も有りますが、どうしたんでしょうね。

_IMG7318.jpg
これは別の公園で見たヤマサナエでは無いかと思います。
ヤンマの仲間だと思って撮ってました。
蝶には興味が無いのか。
シジミチョウはザリガニのハサミを吸っている様です。

_IMG6476.jpg
ハムシの仲間は名前を調べるのが難しそう。
ウリハムシ?

_IMG5866.jpg
これはちょっと解りません。

_IMG7062.jpg
これはハムシじゃないのか?

_IMG6174.jpg
この玉虫みたいなハムシはたぶんアカガネサルハムシ。

_IMG7097.jpg
これはすごく小さいけどきれい。
何の仲間かも解りません。


nice!(22)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

屈み過ぎには気をつけないと [昆虫]

_IMG4488.jpg
久しぶりにMFへ行ってみましたが、鳥の出はあまり良く有りませんでした。
仕方が無いので大きなクマバチクロマルハナバチを。
こんな大きな体なのに羽は小さいですね、良く飛べるものです。

_IMG4527.jpg
しゃがんで花の周りを見ていると、最初は気がつかなかった小さな虫達が沢山いるのに気がつきます。

_IMG4544.jpg
みんな花粉まみれになって蜜を吸っている様です。

_IMG4594.jpg
次から次ぎえとやって来るので飽きませんが、だんだん腰が痛くなって来ました。

_IMG4584.jpg
寄って来る虫を狙うやつも。

_IMG4603.jpg
ゴミムシかと思いましたが、葉を食べているのでハムシかな。

_IMG4597.jpg
目から50センチ位の所に居たのに全く動かなかったので気がつきませんでした、こんなやつも居ますから屈み過ぎには気をつけないと。
これは毒蛇ではないみたいですが。

_IMG4672.jpg
オオルリの声がしたので急いで上の方に登って行きました。
しかしどうも方向が良くわからないでいるうちに囀りは聞こえなくなってしまいました。
帰りにやっとの事で撮ったシメ。
シメも今シーズンはあまり相手をしてくれませんでした。

帰る頃にはすっかり腰が痛くなってしまって、今日はもう動きにくい。
この前は同じ様にしても何とも無かったのに、不思議です。
いずれにせよ屈み過ぎは要注意ですね。


nice!(25)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

結局虫撮り [昆虫]

くりはま花の国に行ってきました。
何か鳥がいないかな、最悪ポピーでも撮ってくればいいかなと。
入って直ぐにオオルリの声が、でも高い所で鳴いていて姿が見えません。
声がする方に回ってみましたが、そのうち聞こえなくなってしまいました。
このところ行く先々でオオルリの声を聞くのですが、姿が見られません。

_IMG3896.jpg
今度は林の中でセンダイムシクイの様な鳴き声が、でもちょっと不完全な感じ。
しばらく待ってみますが、周りに鳴かない鳥がうろちょろしている様子です。
これはシロハラか。

_IMG3890.jpg
これはアオジの様です。
センダイムシクイは2羽居た様なんですが、タイワンリスに追われて場所を移動してしまいました。
諦めてポピーを写しに行きました。

_IMG3964.jpg
しかし、ポピーを写すと言っても才能が無いのかあまり面白い写真は撮れないですね。

_IMG4042.jpg
で、結局虫撮りに変更です。

_IMG4045.jpg
ネモフィラには色んな虫が来ていました。

_IMG4072.jpg
蜂もいろいろ来ていましたが、ミツバチは少なかったです。
まだ減少が続いているんですかね。

_IMG4147.jpg
ニワハンミョウ。
真上から撮っていたら、警戒したのか動かなくなったので、正面顔をパチリ。

_IMG4177.jpg
ヒメクロトラカミキリかな、アリ位の大きさしか有りませんでした。

_IMG4210.jpg
ハエトリグモの仲間。
アリみたいなものを捕らえていました。

鳥は声だけは聞こえているんですが、なかなか姿を見るのが難しい季節になって来ましたね。
しばらくはマクロレンズを持って鳥撮りに行く必要が有りそうです。

見聞きした鳥:
 カラス、トビ、オオルリ、センダイムシクイ、ツグミ、シロハラ、ムクドリ、キジバト、アオジ、シジュウカラ、エナガ、ハクセキレイ、メジロ、ウグイス、ヤマガラ、カワラヒワ、スズメ、ツバメ、ヒヨドリ、コジュケイ


nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下を向いて歩けば [昆虫]

本日は虫のアップばかりです、苦手な方はパスして下さい。

マクロレンズを持って花を撮り歩いていても、花だけでは物足りず虫を同時に入れたくなってきます。
虫を見ていると細部が気になり、更にアップで撮りたくなってきます。
だんだん姿勢は低くなり、虫を追いかけて立ったり座ったり、腰痛や立ちくらみと格闘しながらあっという間に時間が過ぎて行きます。
で、次の日は花粉症の症状がどっと出てきます。

_IMG0142.jpg
山吹と蜘蛛。 背景はユキヤナギ。

_IMG0219.jpg
オオイヌノフグリに蜂

_IMG0238.jpg
てんとう虫もけっこう動きが速いですね

_IMG0257.jpg
キュウリ草に、なんだろう?蜂の仲間?

_IMG0742.jpg
ヒメオドリコソウに似た様な花に、?これも解りません。

_IMG0876.jpg
蟻が花のゼリー状部分を食べている?

_IMG0896.jpg
オオイヌノフグリにとまったルリシジミ?

_IMG0899.jpg
バッタの子供?

_IMG9888.jpg
虻の仲間?

_IMG9913.jpg
オオイヌノフグリにとまったケガニ?

いやー、花も虫も何だかわからない物だらけですね。
聞いても忘れてしまうし、困ったもんだ。


虫たち [昆虫]

昨日は午前中はそこそこの天気だったのですが、午後になって天候が急変しました。
急に強烈な風が吹いて来て寒くなったので、いつもの公園から引き上げましたが、帰り道では予定外の雨に合ってしまいました。
やっぱりバスで行くべきだったか。

寒いのに虫達はまだ頑張ってますね。
トンボ(アキアカネかな)は12月14日までは証拠写真を撮ったのですが、その後は見ていない様な。

IMGP0208.jpg
ヤマトシジミかな。(12/16)
越冬はサナギでするみたいですがこれはどうしたんでしょうね、沢山いた様な気がします。

IMGP0054.jpg
ムラサキツバメ。(12/16)
枯れ草の中に居るとなかなか見つけられませんし、ちょっと目を離すとどこか判らなくなってしまいます。

IMGP0050.jpg
葉っぱの上なら少しは判りやすいですね。
尾状突起が良く動くのでどうなっているんだろうとマクロレンズと動画の撮れるカメラを持ち出しては見たものの、近付くとすぐ逃げられてしまいました。

IMGP0058 (1).jpg
この前ムラサキツバメの雄として紹介してしまいましたが、こちらは雌だそうです。

IMGP0056.jpg
こっちが雄。
成虫で越冬するらしいです。

IMGP0065 (1).jpg
こちらも擬態ですかね、何処に居るか判りますか?
トゲナナフシと言うらしいのですが、こんなのは初めて見ました。

寒い中、昆虫達も活動しているんですね。
変温動物はこんな寒い中では活動出来ないのかと思ってましたが、変温動物だからこそ寒さを感じないのかも。
池の鯉も寒くても泳いでますからね。
寒い寒いとぼやいているのは今年から寒がりになった私だけか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。